写遊人雑記帳

ヘッポコ風景写真愛好家の戯言集

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

REPORT「深秋の裏磐梯」 

 


RICOH GR DIGITALⅡ 福島県北塩原村       画像クリックで拡大画像がご覧になれます

前回に続いての裏磐梯撮影です。今朝は4時に起床、桧原湖畔細野へと向かいました。今朝の裏磐梯は今季一番の冷え込みで氷点下の気温を記録したそうで、ダウンジャケットを羽織っての撮影となりました。ここ数日間の冷え込みで季節は一気に進んだようで、落ち葉がはらはらと舞う晩秋の趣に衣替えしていました。


R0013430のコピー

桧原湖畔は多くのカメラマンで賑わっていました。朝もやと朝陽が奏でるドラマチックなシーンに歓喜の声が上がっていました。私はあまりの好条件に撮影イメージが定まらず、三脚を担いでウロウロ(右往左往)するばかりであまりシャッターを切らなかったと記憶しています。(>_<)


R0013439.jpg

今の時期は湖の水位が下がり草原が表れています。


R0013451.jpg

ブナの黄葉が美しいです。


R0013456.jpg

今や裏磐梯で一番人気のオオヤマザクラ。


R0013462.jpg

昨年夏の大雨で足場を失い倒れてしまった桧原湖畔のブナが痛々しい。


R0013463.jpg

すぐ隣のブナ。下から仰いで見ると、根本の土がえぐられたように無くなっていて根が露出しています。
心配です.........。


R0013469.jpg

曲沢沼畔の落ち葉。裏磐梯の紅葉はピークを過ぎましたが、これからは足元や水辺の落葉など晩秋の裏磐梯が楽しめそうです。

category: 撮影レポート

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。